ルールを守る

ダイエットを成功させるためにお菓子を我慢する人は多いでしょう。ですが、我慢をし続けてしまうとストレスとなり、暴飲暴食に走ってしまうケースもあります。そのため、ルールを守ることが条件とはなりますが、ダイエット中の正しいおやつの食べ方について紹介します。

ダイエット中におすすめのおやつを紹介

ドライフルーツ

ドライフルーツとはネーミングの通り生の果物を乾燥させた食べ物です。果物なので甘味がありますし、糖分補給にも向いていると言えるでしょう。ビタミンや食物繊維も豊富に含まれていますが、糖分に気をつけて食べるようにしましょう。

ナッツ類

ビタミンB2やビタミンEは脂肪の燃焼を助ける働きがあると言われています。アーモンドにはこれらのビタミン類が含まれているため、ダイエット中に適したおやつとして知られています。また、空腹を満たすだけじゃなく、美肌効果にも期待ができる食べ物です。

ゆで卵

ゆで卵は腹持ちが良いですし、実はカロリーが低い食べ物でもあります。また、ゆで卵にはアミノ酸が含まれており、体の代謝機能を向上させる効果があります。ただし、食べ過ぎることでコレステロールが増えるリスクがあるため、1日1個に抑えることが大切です。

チョコレート

甘いおやつの代表格と言えばチョコレート。ダイエット中の間食にも良いと言われています。血糖値が上昇し満腹感を得ることができますが、カカオの含有量が多いものを選ぶようにしましょう。また、ポリフェノールも含まれているため、代謝機能を向上させるサポートに期待できます。

するめ

するめは噛みごたえのあるおやつですが、食べ終わるまでに時間がかかるため減量中にも効果的なおやつとなります。その理由は、長く噛むことで満腹中枢が刺激され、満腹感を得ることができるからです。ただし、カロリーが高いため、多くても2切れまでに抑えましょう。

我慢は禁物

レディ

間食を利用して痩せる

多くの人は間食は太るイメージを抱いているでしょう。実は、間食はダイエットを成功させる秘訣だと言われているのです。適度に間食を挟むことで無理なく減量を行なうことができ、なおかつ精神的にも楽にダイエットを続けることができるからです。1日に決められたカロリーを越えないように、上手に間食を利用しましょう。

200kcalまでにする

ダイエット中におやつを食べる場合は、200kcalまでに抑えることが重要です。血糖値の急上昇を抑えることは必要ですが、1日の消費カロリーをオーバーしてしまっては本末転倒です。200kcalをオーバーしてしまうおやつの場合は、日を分けて食べるなどの工夫をしましょう。

おやつのベストタイミング

基本的におやつを食べるベストな時間は決まってはいませんが、昼食~夕食の間に食べることが適していると言われています。特に、1日の中でも太りにくい時間が14~16時となっており、昼食後にお腹が空き始める時間でもあるためベストタイミングだと言えるでしょう。

糖質には気をつける

ダイエット期間中に関わらず、おやつを食べる時は糖質に気をつける必要があります。私たちの体には糖質が必要ですが、摂取し過ぎると太るだけではなく糖尿病になるリスクも高まります。おやつによって含まれている糖質は異なるため、その量に注意して間食するようにしましょう。

たんぱく質とビタミンB1

私たちが生きてい行く上で欠かせないたんぱく質は、脂肪を燃焼させる効果があります。また、摂取された糖質を体内でエネルギーに変換する際には、ビタミンB1の働きが欠かせないとされています。そのため、おやつを食べる時はビタミンB1を同時に摂取することが効果的です。